FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

ストレス解消

この時期、眠たいのを我慢して仕事を続けるよりも、眠たいなら寝たほうが、その後の仕事を考えた場合、効率的に仕事を行なえる。かつ、仕事のミスも減るだろうと就業中の仮眠制度を導入した会社が現れた。住宅リフォームのオクタ(さいたま市、山本拓己社長)は、社員の就業中の仮眠を認める「パワー・ナップ制度」を3月下旬から導入した。経営陣の提案による同制度に、社員は「居心地の良さを感じる」と歓迎ムードのようです。パワー・ナップ とは、ごく短時間の仮眠を指す。単位時間当たり最大の効果を狙う米国発祥の睡眠法である。同制度では、社員に1日に1回、15~20分の短い仮眠を認めている。事前申請は不要。眠くなったタイミングで、各自が自主的に眠りに入る。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| ホーム |