労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

晴耕雨読

仰げば尊し『今こそ 別れめ いざさらば」はまさに鋭利な刃で切り落とされる響きがある。自立を促すものであることは承知している。千尋の谷に突き落とすライオンに似て人生の厳しさを諭していることは昨今の「いじめ」の報道に接すると違和感がある。
スポンサーサイト
晴耕雨読 | コメント:6 | トラックバック:0 |

晴耕雨読

今日は卒業式。私も卒業式にぼろぼろに泣きましたが、記憶にあるのは小学校での卒業式のみで後は不思議と泣くことは無いようです。今にして思えば『今こそ 別れめ いざさらば」のフレーズに泣かされたのかも知れません。
1. 仰げば 尊し 我が師の恩
教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
今こそ 別れめ いざさらば
2. 互(たがい)に睦し 日ごろの恩
別るる後(のち)にも やよ 忘るな
身を立て 名をあげ やよ 励めよ
今こそ 別れめ いざさらば
3. 朝夕 馴(なれ)にし 学びの窓
蛍の灯火 積む白雪
忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
今こそ 別れめ いざさらば

晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。