FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊

悩める年金  国民年金3号被保険者
運用3号問題とは、先送りされ続けた瑕疵といえる。実際は第1号被保険者の立場にありながら、記録上第3号被保険者のままである不整合が多数発生している。この問題に対して、厚生労働省年金記録回復委員会で検討された結果、以下の措置が厚生労働省年金局事業企画課長・厚生労働省年金局事業管理課長名で通知されました。「運用3号」の課長通知の実施は2011年1月1日とされています。通知内容は、すでに受給している者=既に年金の請求を行い、年金を受給している者は、現状の年金記録のまま今後も受給する。(本来受給資格がなかったり、本来より受給金額が多い場合でも、それらは不問に付す) 年金の受給年齢に達していない者は、将来に向けて、速やかに第1号被保険者に種別を変更し、保険料の納付を求めます。過去の期間については、保険料の時効が来ていない過去2年間を除き、現状のままとするとしました。
                           つづく
スポンサーサイト




「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | ホーム | TPP>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |