FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

手間

たくあんの煮物は日本の郷土料理として、京都府、滋賀県、福井県、石川県、富山県などで食されている。古沢庵漬けを出汁や醤油などで煮付けし、仕上げに唐辛子などを散らしたもので、酒のつまみやご飯のおかず、茶漬けの付け合わせとして、温かいまま、または冷やしたものを食べる。地域や家庭によって「たくあんの煮たの(福井)」、「たくあんの炊いたん」、「贅沢煮」(そのままでも食べられるのにわざわざ一手間をかける点が「贅沢」)、「ふるさと煮」、「大名煮(京都)」、「おもくじ(石川)」、「いりこぐ・いりごき(富山)」など様々な呼称がある。 通常たくあんは、その年の暮れに漬け込み翌春から秋にかけて食べられるが、この料理は夏ごろまで漬け込まれた古たくあんを使う。だが、たくあんは、あくまでも煮物にするために漬け込むのではない。本来は、たくあんとして食すためにあるのだが、食しきれずに余ってしまうことがある。または、漬込み過ぎて酸味が強くなるなどがある。折角、丹精こめて造りこんだものを捨てるには忍びないことから、煮込むことをある知恵者が思いついた。調理法は古たくあんを薄く輪切りにし、水をいっぱいに張った鍋に入れ程よく塩抜きする。塩抜きした後はやわらかくなるまで煮て、油を少しと醤油を加えてさらに煮る。最後にとうがらしの輪切りと白ゴマを散らし完成である。調理法が比較的簡単なことから、家庭の味として伝承されやすい料理といえる。北陸では醤油で味付けするのが一般的だが、各家庭・地域によって作り方や味付けなどが異なり、富山県南砺・砺波地方では、古たくあんを味噌と酒粕で煮付ける習慣もある。

スポンサーサイト




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | ホーム | グレーゾーン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |