FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

『自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊

生活保護化する原発就労補償
 南相馬市はいま、警戒区域と計画的避難区域とそれ以外と、3つの区域に“分断”されている。     喫緊の課題として放射能の除去問題があるが放射能の除染作業も計画どおりに進むとは限らない。地元では、除染作業員として雇用確保に努めようとするが、思惑どおりに事は進まないという。 背景にあるのは、「原発事故に伴う就労補償が生活保護のようになってしまっている」ことが一因している。 「就労不能になれば、以前の収入の不足分は補償され、人によっては、原発事故以前よりも1.5倍ほどの収入になったと聞きます。というのも、家族が町から避難すれば、1人あたり10万円ということもあるからです。もちろん、そうなることを望まない人もいるでしょうが、以前の収入よりも、原発事故に伴う補償のほうが多くなり、就労意欲が著しく失われる人が見受けられます」。との現実がある。
                       つづく
スポンサーサイト




「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<山本太郎 | ホーム | 『自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |