FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊

独立後のアメリカは、広大な国土を背景に、移住者に開墾を奨励し、開墾をしたものについては、所有が認められた。鉄道の敷設が行われ人々は、西部を目指し開拓を進めた。当時は、人々は広大な農地を得ることができたことで、他からの援助の必要性が少なく、今日の税の役割の重要な機能の一つである所得の再配分機能は、疎んじられた。今もアメリカの選挙に度に登場する「茶会党」なる存在もこのような背景があると考える。
                         つづく
スポンサーサイト




「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<晴耕雨読 | ホーム | 「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

独立後のアメリカは、広大な国土を背景に、移住者に開墾を奨励し、開墾をしたものについては、所有が認められた。鉄道の敷設が行われ人々は、西部を目指し開拓を進めた。当時は、人...
2012-07-06 Fri 09:29 まとめwoネタ速neo
| ホーム |