FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

晴耕雨読

 明治の時代、多くの丈夫は国の存亡をかけ外国諸国に1日千秋の思い出学び、学びえたものを他のものに惜しみなく伝播したといわれている。そのような世であれば、中央集権国家も十分に機能したと考えるが、今は「権力と金」を集中させるのみで施策は、時間がかかり的外れのことが多い。大阪市長の「統治機構」を変えるは必要なことと思える。
スポンサーサイト




晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晴耕雨読 | ホーム | 「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |