FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊

 男性はなぜ孤独に陥りがちなのだろう。その理由は、彼らの人間関係の作り方にあるようだ。まず、男性は必ずしも「親友」を持っていない。もちろん例外もあるが、たいていは、同じ趣味を持つ仲間や気心の知れた旧友がいる程度で、何事も打ち明け合う親密な友人を持つケースはまれのようだ。これに対し、女性は一対一で密接な関係を築こうとする。この傾向は、ごく幼いころから現れるようだ。公園で遊ぶ女の子たちは、ほとんどが誰かしら特定の相手を見つけ、一緒に行動したがる。親友は女性にとって、心の安定のためなくてはならない相手なのである。こうした男女差は、絆ホルモン「オキシトシン」によるところが大きいという。他人を信頼し、愛情を抱くときに分泌される脳内化学物質だが、最近の研究により、女性の方が分泌量が多いことがわかった。
                   つづく
スポンサーサイト




「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晴耕雨読 | ホーム | 「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |