FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

晴耕雨読

 アニメのキャラクターのような名前の子供が増えているという。同時に難読化も進行することになった。仕事の関係上、被被用者の届出を行うが、名前が読めない、性別の判断ができないことに遭遇することが多くなった。「そもそも大正から昭和後期という過去半世紀あまりが、読みやすい名前が非常に多かった例外的な時代だったので、他人の名前は読めるのが当たり前だとみな思い込んでいただけだ。日本史をさかのぼってみると、そうした時代は一般的ではない。今は過渡期だ」という。少子化の中で大切に育てたいという親心の反映と思えるが、その他大勢の中で育った私には面食らうことが多い。
スポンサーサイト




晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | ホーム | 晴耕雨読>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |