FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

晴耕雨読

1970年頃から頭角を現したスーパー。当初、経済界では「スーと現れパーと消える」と揶揄されたが、大量生産、大量消費の波に乗り業績を伸ばしてきた。また、雇用の受け皿としても機能し多くの雇用を生み出した。反面、地元商店街の地盤低下に伴いコミニュティーの崩壊を招くなど多くの問題も残した。
スポンサーサイト




晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晴耕雨読 | ホーム | 晴耕雨読>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |