FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

晴耕雨読

 毎年同じような時期に庭木の剪定を御願いしている。この時期になったのも庭師さんの都合なのかもしれないが10年来のお付き合いだ。だがこの時期が剪定に適しているかどうかは知らない。少し前に、時期がずれることがあった。丁度そのときは、霙交じりの寒い日で作業をしている庭師さんの事を思うと辛かった事を覚えている。だが、雪が降れば、雪の重みで枝が折れるので雪が降る前に行う事が恒例となっている。父が存命のころとは枯れた木もあって木の数も減った。父ならば減った木の数だけ植樹もしただろうに私はそれをしなかった。以前に比べればシンプルな庭となったが鱗が生しているためにそれ程の寂しさは感じない。
スポンサーサイト




晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | ホーム | 晴耕雨読>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |