FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊

 年を加えると無性に子供が可愛く見える。自分が子育てしていた時には感じなかった感覚だ。
 今、離婚が多い。子が小さいときは、多少のことには目を瞑り、相協力して過ごしてきたが、子育ても終え、区切りがついてからの離婚。熟年離婚 現実的思考の出来る女性が、将来の不安を課してまで離婚するには理由があるのでしょうが、統計上の離婚理由を調べてみると、夫からの離婚申立の理由は、①性格が合わない②異性関係③異常性格などあり、一方妻からの申立理由は、①性格が合わない②暴力を振るう③異性関係となっています。
 両性ともに多いのが、「性格が合わない」を理由としています。このことは、配偶者が外国人であるば特に顕著に現れています。習慣、食生活などの違いもあることから頷けます。
 夫が退職をし、日中たまにしか家に居なかったものが、毎日居るようになる。妻としては、「うざい」と思うのもわかります。老後生活を支える公的年金からみると夫婦2人が元気でいることが一番理想的といえます。夫婦合算して生活が成り立つように設計されいるからです。
 熟年離婚のその後など、マスコミも興味を示さないでしょうし、読者も同じでしょうが、独居老人の孤独死となれば、人事に思えず関心を寄せます。それは他人事とは思えない現実感があるからかも知れません。
                                つづく
スポンサーサイト




「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アメリカのリスク管理 | ホーム | 熱中症 対策>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |