FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

アメリカのリスク管理

「日本国外務省は6月9日、米国で行った対日世論調査の結果を発表した。有識者を除く一般国民にアジアで最も重要なパートナーを聞いたところ、中国が39%(前年比5ポイント減)で、日本の31%(同13ポイント減)を上回った。中国が日本を上回ったのは、質問を始めた1975年以来初めて。政財官界などの有識者が対象の調査では、中国が46%(同10ポイント減)に対し、日本は28%(同8ポイント減)。中国が2年続けてトップだった。」
 ここで重要なことは、政財官界などの有識者等は、以前から中国を重要なパートナーと認めていたこと。そして今回初めて有識者を除く一般国民にアジアで最も重要なパートナーとして認められたこと。ともすれば日本はずしにもなりかねない。
 一方、米国国内では、今回の大震災の影響で「日本が引きこもるのではないかと」懸念している。理由は、中国の影響力が強まる中、日本の復旧・復興が遅れれば、アジアのパワーバランスが揺らぐからだ。
スポンサーサイト




リスク管理 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やまぼうしの花 | ホーム | 「自分の事しか考えなくていい社会」の崩壊>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |