FC2ブログ

労務屋さん

経営者とともに「いい会社を作ろう」です。 企業や団体の成長を支える、いわゆる「ヒト」「モノ」「カネ」 「人」に関することを業務としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

晴耕雨読

 江戸時代の大阪は日本の経済の中心で天下の台所といわれた。徳川幕府は、そもそも経済にはあまり重点を置かなかったようで大阪に任せたとも見える。明治に入ると中央集権国家になり一極に権利が東京に集中し大阪の凋落が始まる。そのころ司馬遼太郎の祖父は、今の兵庫県赤石市に住まいを得ていたと記憶している。当時当地は、「菜種油」の産地で春になると菜の花が一斉に咲き大阪湾を往来する樽回船、北前舟に乗る船夫らはこれからの航海を前にひと時の癒しを得たであろうと想像する。

『菜の花の沖』司馬遼太郎
スポンサーサイト

晴耕雨読 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<晴耕雨読 | ホーム | 晴耕雨読>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。